このような書面が封書で届いていませんか?

2009年に開始された太陽光発電の買取制度は、太陽光で発電した電力のうち、余剰電力が買取対象となる制度です。10年間の買取期間が設定されており、2019年以降順次、10年間の買取期間が満了を迎えることになります。添付のような書面が封書で届いた方は太陽光発電が買取期間満了を迎えます。買取期間満了を迎えた太陽光発電設備については、法律に基づく電力会社の買取義務はなくなりますが、余剰電力の活用ができなくなるわけではありません。

① 自家消費

・昼間の発電分を、電気製品などの電力に使用

・余った電力を蓄電池やEVに貯め、必要時に利用

または

② 相対・自由契約で売電

・買取サービスを行っている小売電気事業者などと個別に契約し、余剰電力を売電など、各設置場所で最適な方法を選択して頂くことで、買取期間満了後も太陽光発電の電気を有効活用することができます。出光昭和シェル、並びにソーラーフロンティアでは、これらに対応したサービス、商品をご提案させて頂いています。

初年度買取価格

     出光昭和シェル 8.5円/kWh 税込(中国エリア)

詳しくはこちら https://s-denki.com/kaitori/

自家消費対応の蓄電池などのご相談も承っています。ご質問、ご相談は弊社 電力事業部までご連絡ください。